2014年12月14日日曜日

日本で二大政党制政治が続かない理由

アメリカやイギリスなどでは、2大政党制政治が続いています。ところが日本では、次回の衆議院選挙において自民圧勝を予測する人が多いことから、一時を除き、自民党による一党独裁が続きそうです。なぜ日本では二大政党が根付かないのでしょうか?

日本が単一民族で構成されているからと考える人もいます。日本が島国だからと言う人もいます。しかし私は、多くの日本人が深層心理において中国人同様に一党独裁による統治を求めるからと考えています。

アングロサクソン系は、「個人の自由」を求めることから、自分たちの「選択する権利」をとても重視します。そのため、政策の基本方針や行政のトップの決定に関与する意識がとても強いようです。だからこそ、選挙を通じて自分達の意見を代弁する党を選択します。行政に強い権力を与えることを極端に嫌い、役人の権力を規制する法をも制定します。欧米では、そういった思想の中で、より個人の権利を優先する自由主義勢力とより集団的な利益を優先する社会民主主義勢力がバランスし、二大政党を構成しているのです。

一方で日本人の多くは、徳のある頭の良い人が行政を運営することで、自分達や国が繁栄できると考えています。官僚のことを利用すべき対象ではなく優秀な人として従うべき相手と見る向きは、正にそのような徳による統治の信仰を代弁しています。この考え方はおそらく古来において中国から来た考え方です。つまり日本の国民の心の深層には、欧米のような民主主義ではなく、むしろ中国に近い統治への願望が強く残っているのだと思います。中国はご存知の通り一党独裁です。つまり、多くの日本人は、深層心理において中国人同様に一党独裁を暗黙のうちに求めているのだと思います。

参考 『中国化する日本』 與那覇潤 愛知県立大学准教授 2012.7.13
https://www.youtube.com/watch?v=lT-ri3PxvCo

(おしまい)